手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

newsいろいろ

newsいろいろ

3年目の草bonsaiの根洗い

画像の説明

3年目の草bonsaiの根洗いです。

サイズが小さいのでメインになるようなベニチガヤなどは植えこんでません。最初から種の飛び込み期待の根洗いです。

画像の説明
画像の説明

確認できるのはイトススキのミニサイズみたいな草をメインにしてトキワハゼオオイヌノフグリカタバミやアブラガヤのような草といい具合に調和してます。

部屋にさりげなく置いてあるだけで、春の初めごろからの新緑から夏の終わりぐらいまで緑を感じられます。

プチネタ・・・寒い時にガスボンベを使う

11月下旬 火起こし器で炭の火起こし中

キャンプに行くと調理する時はほとんど七輪を使っておこないますが、最初に火を起こす時はどうしても他の火種を使います。

火種になるものとしてはガソリンバーナー、ガスバーナーや焚火などがありますが、最近では一番手軽なガスバーナーを使ってます。

このガスバーナーを使う状況はキャンプ場に到着して七輪の炭火を起こす時と翌日の朝起きてすぐ熱いお茶やコーヒーなどを飲む時です。

一般タイプのガスボンベ

キャンプ場に着いた時はまずガスバーナーに火起し器をセットして炭火を起こすのですが、火が起きるまでの間ににテントやタープの設営、宴会の場所の確保などをおこないます。そうこうしている間に炭火が起きている感じです。

ここで問題は寒い朝にガスバーナーを使う時の事です。

キャンプに行った経験のある方は寒い日にガスバーナーが着火しにくかった経験があると思います。

寒冷地用のボンベは有効ですが、近所に売っているようなものでもないし、ここで一般タイプのボンベを使った想定でお話します。もちろん私は一般タイプを使ってます。

ガス使用の器具は手軽に扱える半面、寒い時には火がつきにくい、あるいはつかない事がしばしばあるのです。

そこで私が開発した?技をご披露します。
別に大した事ではなく、ただ寝るときにガスボンベを寝袋に入れて自分と一緒に寝るだけの事なんです。(ガスボンベそのままだと冷たいので予備で持参している靴下やシャツにくるむのがコツです)

こんなチョットした事であなたのキャンプがさらに快適に過ごせると思います。

PICA富士吉田に今年最後のキャンプに行ってきました2014.11.22

焼きサンマ

寒いからキャンプに来てる人はあまりいないんじゃないかと思ったら、なんと3連休の初日だったからか30区画ほどのキャンプエリアはほぼ満員状態でした。

たき火をしている人をキャンプに行くといつもチェックしていますが、今回は寒かったこともあってかたき火をしている人が多かったのは良い傾向だと思いました。

そして今回のキャンプの感想は「今まで生の魚を焼くより干物方が旨いと言ってきたが、やっぱり脂がのったサンマは最高に旨い!」です

今回のテーマももちろん「全部七輪を使った料理」です

今回食べた物 
厚揚げ、ピザ、サンマ、豚汁、ローストビーフ、トーストサンド、焼きいもなどなど  

          

若洲キャンプ場に行ってきました 2014.11.8

画像の説明

今回は場所が東京ということもあって高速代とガソリン代もほとんどかからないので、その分いつもより少々高級な肉にするなど若干食事の質を上げてみたり、ガッツリ酒代に回すことができました。

今回のテーマは「全部七輪を使った料理」です
もちろん飲んで食べまくりでした

今回食べた物 
厚揚げ、ピザ、サンマのひもの、パエリア、白菜と肉団子のスープ、ベーコン焼き、エビチリ、牛ステーキ、豚ロースステーキなどなど  

あと七輪を使えなかった焼きいもやシメサバのバーナーの炙りも旨かった         詳しくは 若洲公園キャンプ場2014.11.8

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional