手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

kaz風パエリア

kaz風パエリア

kaz風パエリア

過去に一度、サフランを用意するのを忘れていった事があって、その時は仕方なくサフラン抜きでパエリアを作ったんですが、サフラン以外の具材や調味料は同じにも関わらず、全く別の食べ物になってしまった経験があります。

とはいえそれはそれなりに美味しかったんですけれども、贔屓目に言っても炊き込みご飯でした。

なぜサフランを買い忘れてしまったのかというと、ひと瓶500円~600円の値段はするサフランは、料理に使うのはほんのひとつまみですから、次回のキャンプまで保存していたら「味が変わるかな」とか「冷蔵庫にしまったらどうだろう」などと考えているうちに買い忘れたようです。

しかし、最近ではギャバンから1~2回分のミニパックが発売されたので余計な事を考えずに購入する事が出来るようになりました。

材料
人数  4人分

  • アサリ  1パック
  • イカ   1/4枚
  • エビ   4尾(殻付)
  • 燻製したバラ肉 100グラム
  • 米    2合
  • サフラン ギャバン ミニパック 1/2パック
  • にんにく 2片
  • ピーマン 1個
  • トマト  1個 
  • オリーブオイル 大2
  • ローリエ 1枚
  • あさり半分を茹でた煮汁   380cc
    (煮汁が足りなければお湯をプラスする)

作り方

123
オリーブオイルでにんにくのみじん切りを炒めるにんにくがほどよい色になったら食べやすく切ったバラ肉とトマトのザク切りを加えてさらに炒めるぬるま湯でもどしておいたサフランを入れて塩・コショウを加えて軽く炒める
456
洗わない米2合とアサリのむき身を加えて軽く炒める白ワインでフランベするアサリの煮汁を加えて殻付きあさりや殻付エビ・イカ・ピーマンを乗せてアルミホイルでフタをして中火にかける

kaz風パエリアを作るポイント
アサリで出汁を取る事と、出汁を取ったアサリの身を殻からスプーンで取り出してオリーブオイルで炒める事によってさらにパエリアが美味しくなります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional