手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

kaz風オリエンタルライス

kaz風オリエンタルライス

画像の説明

オリエンタル・ライスが出来たきっかけは、kaz風インドカレーで食べるチキンがあまりにも美味しいので、このチキンを使った料理を作ろうという事で考えたものです。結果として、オリエンタル・ライスを食べたくてkaz風インドカレーを作るという逆のパターンになってしまいました。

ここで kaz風オリエンタルライスのことを説明すると、一言でいえば「kaz風のカレー味に煮込んだチキンを使ったスパイシーなピラフ」という事です。

そして、「なんでわざわざカレー味で煮たチキンを使うのか」という事についてはそのほうが美味しいからで、骨付きの鶏肉が嫌いな自分としては(食べづらいし気持ち悪いから)できれば使いたくないのだが鶏肉は骨付きで調理した方が美味しいし、それとカレーの味が好きという事から、鶏肉を骨付きのまま煮込んで、オリエンタル・ライスを作る時に骨から身を削ぎとるという事をして調理します。

どこで食べたのか覚えていませんし、もしかしたら「こんな物が食べたい」というイメージから生まれたのかもしれませんが、クミンやチリペッパーなどを使って調理します。
これ、やみつきでかなり美味しいです!

材料
人数  2人分

  • カレー味の鶏もも肉 1/2枚
  • kaz風インドカレー  おたま1/2  
  • ライス       400g
  • にんにく      1片
  • 玉ねぎ       1/2
  • 塩         少々
  • 醤油        少々
  • チリパウダー    少々
  • クミンシード    小1/2
  • クミン     少々
  • オリーブオイル   大1

作り方

123
にんにくのみじん切りとクミンシードをオリーブオイルで炒める香りがたったら鶏もも肉をほぐした物と玉ねぎスライスを加えて炒める香ばしい香りがしてきたらライスを入れて炒める
456
ライスがほぐれたらkaz風インドカレーをおたまに1/2加えて水気が無くなるまで炒めるチリパウダーとクミンを加える塩と醤油を加えて味を整える

おいしいkaz風オリエンタルライスを作るポイント
まずkaz風インドカレーを作って、そのカレーで調理した鶏肉を使う事。それと調理する時に必ずクミンシードを使う事です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional