手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

苔玉教室の様子

苔玉教室の様子

ケト土と赤玉土それと富士砂に腐葉土などをブレンドした土をこねているところ

まず苔玉用の「土」を作ります。
赤玉土を水で少しずつ湿らせながら粒の形を崩していきます。
充分に粒が潰れたらケト土と富士砂を加えて混ぜ、腐葉土、くん炭を加えて土の団子を作ります。実はこの作業が童心に戻った感じで一番楽しいとか・・・

土を貼りつけたところ

苗に用土をつけたところまず土の団子を半分ずつに分けて
サンドイッチのように植物をはさんで包みます。

これをおにぎりを作る要領で形を作っていき整形します。

※この際、なるべく余分な土は除きましょう。

ミズゴケを貼っているところ

乾燥したミズゴケを十分な水でもどします。

ミズゴケが扱いやすくなったら土の部分におにぎりを握るような要領で貼り付けていきます。
ある程度定着したら今度はテグスを巻きつけて固定させましょう。

ハイゴケを貼ったところ

最後にハイゴケを水でもどして扱いやすくなったら、いよいよ仕上げです。

ミズゴケの時と同じようにおにぎりを握るように苔を定着させます。
ある程度定着したらテグスを巻きつけて固定させて完成です。

南天の苔玉生徒さん作成の南天の苔玉

テイカカズラの苔玉 生徒さん作成のテイカカズラの苔玉 

kimikoさんと南天の苔玉kimikoさんと南天の苔玉

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional