手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

苔玉の植え替え

苔玉の植え替え

分離したモミジの苔玉

モミジの雑木林風苔玉のモミジが成長して妙に窮屈に見えるようになったので、思い切って植え替えることにしました。

モミジの雑木林風苔玉は2本のモミジを植え込んだ苔玉なのでそれぞれを分離して2つの苔玉に作りかえました。

作り替えるといっても、まず周りの苔をはがしてモミジを土から取り出して伸びすぎた根を処理したりして、要するに苔玉を一から作る行程を二度味わえたので非常に楽しい経験をしました。
苔玉の作り方参照

このモミジは、2009年に中野の哲学堂で採取した種を2010年の春に蒔いた種から芽が出たもので現在4年目になります。

分離したモミジの苔玉
モミジの雑木林風苔玉

採取したモミジの種は、竹トンボ状の羽を取って薄皮を外した状態で翌春まで冷暗所で保管します。大事なポイントは、春になって種を蒔く2日ぐらい前から水に浸けておくことです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional