手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

根洗いbonsai

根洗いbonsai

画像の説明

ベニチガヤを中心にした3年物の根洗いbonsaiです。
自然の状態で育てているのでいろんな草が入っています。

何が入ってくるかが予測ができないところが根洗いの面白さかもしれません。

ベニチガヤの根洗いbonsaiは初夏の新緑から夏にかけての力強い緑、そして秋の紅葉まで楽しめます。
水辺の植物の根洗いbonsaiの管理

ベニチガヤの根洗いbonsai

根洗いbonsaiは日当たりを好みます。元気に育てるには、陽の当たる明るい場所に置いて管理しましょう。

色や生育が悪いと思ったら置く場所を変えてみましょう。
2~3日室内に飾って楽しんだら、屋外の日なたで日光に当ててください。

屋外の置き場所
陽の当たる明るい場所で適度な風通しがある場所に置きましょう。日当たりや風通しが良すぎると乾燥するので明るい日なたが理想的です。

室内の置き場所
エアコンや暖房などの風が直接当たる場所は避けて窓際などに置きましょう。
陽のあたる場所が理想的です。

ベニチガヤの根洗い

水やり
根洗いbonsaiは水気が大好きです。常に湿り気をあたえるようにしてください。
表面が乾いているようなら水をあたえて苔があれば霧吹きなどで水を吹きかけてください。
水やりの目安として夏場は毎日が理想です。
肥料
根洗いbonsaiには特に必要ありませんが、苔に元気がないように見えたら霧吹きで液肥を与えましょう。

苔bonsaiとベニチガヤの根洗いとカリンのbonsai

冬場の管理

冬になって葉が枯れたら全て刈り取りましょう
そのまま乾燥しない程度に水やりをしてください。春になれば再び芽吹きます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional