手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

トンボが来るビオトープの作り方

トンボが来るビオトープの作り方

ビオトープとモミジの雑木林風苔玉

ビオトープを作るきっかけは、
ビーパルでビオトープの特集を見て「トンボが来る池っていいな!」
と思ったこと。
約10年前から作り始めました。

まずは池の準備から。

池は家にあって使っていなかったDIY用のプラ舟の80Lのものを利用します。そのままでも大丈夫ですが、見栄えを良くするために淵に木の覆いを取り付けました。

ビオトープの水草の配置

そしてビオトープに入れる水草の準備。

この場合は中央に睡蓮を置いて周りをノテンツキやシカクイ、シラサギカヤツリで囲むように配置をしています。
最後にメダカを入れて完成!

トンボが来るビオトープを作るポイント

  • ビオトープの位置を頻繁に変えない
  • ビオトープを置く場所はなるべく開けた所を選ぶ
  • トンボが産卵しやすいようにビオトープの上をネットなどで覆わない
  • ヤゴが羽化できるようにビオトープの中に30~50cmぐらいの水草か棒を用意しておく
プラ舟80L

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional