手軽に緑を体感できる苔玉とビオトープ、そして気軽にアウトドアで癒されましょう

代官山駅から2分 恵比寿駅から7分の苔玉とキャンプのワークショップ

キャンプ道具の話

キャンプ道具の話

キャンプを始めた当時はお金が無いので装備もたいした物は持っていませんでしたが、それでもコツコツと少しずつ揃えて現在に至っています。それぞれ思い入れのあるキャンプグッズです。

ハンマー

ハンマー

このハンマーはテントとかフライ、タープなどのペグの打ち込みに使うものですが、もちろんハンマーなのでペグの打ち込みが出来て、撤収の際、ペグを抜く時はトップ部分のくぼみに引っ掛けて引き抜く事が出来ます。そしてさらにヘッドの後ろの尖った部分を使うと溝を掘ったり足場の硬い時などに石などを砕くことも出来るかなりの優れものです。外見は安っぽいんですけど!

七 輪

七輪 2代目

アウトドア倶楽部の料理の基本は七輪を使って調理をする事です。七輪での食事は、簡単に調理できるし、とにかく食べ物がうまい!さらに家族、恋人、友人との距離が近くなるという事がたまらない魅力でもあります。

初代七輪は約25年間活躍しましたが、金具などが破損して持ち運びが難しくなったため第一線を引退して、現在は災害対策用として自宅倉庫に待機中です。そして現在は初代よりやや大きめのタイプの七輪を昨年から使い始めています。

イワタニガスバーナー

イワタニガスバーナー

ただしアウトドアに出る訳ですから、天候とか様々な理由で七輪での調理ができない可能性も常にあります。実際、何度も七輪での調理をあきらめて、バックアップとして用意しているイワタニのガスバーナーのお世話になっています。このバーナーはただバックアップだけでなく焚き火で炭の火を起こさない時には、火起し器を使って炭の火を起こしています。

火起し器

火起こし器

炭火を起こすのに必要です。これを使えば効率良く火を起こす事が出来る器具です。自分の家では電気コタツの時代になっても堀ゴタツを使っていて、祖母がよく火起こし器を使って炭火を起こしていたのを覚えています。
もちろん当時のものではありませんが使い始めて25年ぐらい経ちました。下に写っているお椀状のものは別売の蓋でこれをかぶせるとさらに効率が良くなります。

岩手切炭

岩手切炭

そして七輪に欠かせないのが炭。これはやはり岩手切炭が必需品です。なぜ岩手切炭かと言うと、七輪を使い始めた頃に近所の燃料屋さんで売っていたのを購入して使ったのが最初です。その後いろいろな炭を試しましたがやはり食べ物の味とか火持ちの良さなどコストパフォーマンスでも自分の中ではベストだと思います。

ナイフ

ガーバーFSⅠ

ガーバーFSⅠ

このガーバーナイフを手に入れて30数年経ちますが、ブレード部分のガタつきも皆無でいまだにコンディションは最高です。ただしハンドルに真鍮を使っているためケースに入れっぱなしにしておくと緑青がつく事があります。(使わない時はケースから出しておけばいいんですが)
購入したきっかけは、大藪春彦の小説の中のヒーローの一人、西城秀夫が使っていたから欲しくなって買ったような気がします。もっとも西城が使っていたのはFSⅡでサイズが大きいのですが、使いやすそうなのと値段でFSⅠに決めました。(学生の自分にはかなり高価だった)

ガーバーサカイ

ガーバーサカイ

これも手に入れて30年ぐらいだと思いますが、このナイフはキットで、すべて自分で組み立てたので特別の思い入れがあります。当時の彼女が海に行った時に弁当箱みたいなスイスアーミーナイフを持ってきたのを見て自分も欲しくなって、ビーパルを見ていたら「ガーバーサカイ」のナイフキットを見つけて購入しました。なんとか組み立てたんですが思い入れが強い割には意外と使ってないナイフです。でもナイフはもちろん、のこぎりとハサミの切れ味はスゴイです。さすがサカイ。

オピネル

OPINEL

最後はオピネル。これは価格が安いけれどもロック機構も付いていて安全で軽くて良く切れるので、実は今一番使ってます。ブレードの厚みが薄いので調理などに最適です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional